【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】伊那谷に紅葉輝く

【長野】伊那谷に紅葉輝く

ジャンル・エリア : 甲信越  2008年11月19日

天竜川沿い、紅葉のトンネルを抜けるJR飯田線の電車=泰阜村で

天竜川沿い、紅葉のトンネルを抜けるJR飯田線の電車=泰阜村で

 豊かな自然に囲まれた伊那谷は、紅葉が晩秋の輝きを放つ。過ぎゆく秋の山々は赤、黄、オレンジ色に染まり、万華鏡をちりばめたみたい。遠く望むアルプスは雪をかぶり、冬支度が始まっている。

 
 日本で最も美しい村連合の大鹿村。鎌倉時代に完成し、県内最古の木造建築物という大河原の福徳寺本堂(国重要文化財)脇では、大イチョウが緑から黄色に徐々に色づいている。

黄色に色づいてきた大イチョウ。手前は鎌倉時代に建立された福徳寺本堂=大鹿村で

黄色に色づいてきた大イチョウ。手前は鎌倉時代に建立された福徳寺本堂=大鹿村で

 この大イチョウ、建立と同時に植えられたとされ、樹齢800年。昔と変わらず生まれ出る葉は、冷たくなった風に静かに揺れる。初霜が降りる日、一斉に落ちるという。

 また、エメラルドグリーンの天竜川と紅葉という色のコントラストを楽しめるのも、あと少し。下条村や泰阜村など南部では、舟下りやJR飯田線の電車から、その姿を味わえる。

 (石川才子)

旅コラム
国内
海外