【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【静岡】シマウマの赤ちゃん親に寄り添いすくすく  浜松市動物園

【静岡】シマウマの赤ちゃん親に寄り添いすくすく  浜松市動物園

ジャンル・エリア : 静岡  2009年11月25日

親に寄り添って歩くシマウマの赤ちゃん(右手前)=浜松市西区の市動物園で

親に寄り添って歩くシマウマの赤ちゃん(右手前)=浜松市西区の市動物園で

 種の中では比較的小柄で、幅広のしまが特徴の「グラントシマウマ」の赤ちゃん(雄)が、浜松市西区舘山寺町の市動物園で生まれた。ミニサファリで元気にはね回ったり、親に寄り添って歩いたりして、すくすくと成長している。名前はまだ付いていない。

 
 赤ちゃんは10月26日生まれ。父は1990年生まれの「ケン」、母は97年生まれの「マキ」。両親の8頭目の子で、マキがほかの園から移ってきた2000年以降、ほぼ毎年子宝に恵まれている。

 推定体重は約50キロ、体高は約1メートル。親に比べ、毛並みがふさふさとしてまだ柔らかそうだ。

(神谷慶)

旅コラム
国内
海外