【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】暗闇に映えるペットボトル1万本の電飾

【滋賀】暗闇に映えるペットボトル1万本の電飾

ジャンル・エリア : 近畿  2009年12月01日

ペットボトル1万本を使ったイルミネーションが暗闇に映える=東近江市で

ペットボトル1万本を使ったイルミネーションが暗闇に映える=東近江市で

 東近江市石塔町の草の根広場で、廃品のペットボトルを活用したイルミネーションの点灯式があり、暗闇に青や黄色の光が浮かび上がった。点灯は午後5~同9時で、来年1月10日まで。

 
 イルミネーションは高さ8メートルの木材を支柱に、ペットボトルをつり下げたメーンのクリスマスツリーや長さ15メートルのペットボトルの壁を通り抜ける三角通路、ジャングルジムにペットボトルを張り付けたオブジェなど大小10個。使用したペットボトルは1万本で、電飾は発光ダイオード(LED)や電球を使用し、暗闇に映えるイルミネーションは幻想的な雰囲気が漂う。

 地域の「阿育の子育成会」が、限られた資源の大切さを子どもたちに伝えるとともに、地域の子どもは地域で育てよう-をスローガンにペットボトル収集や飾り付けを地域ぐるみで行い、6年前から毎年、催している。

 (前嶋英則)

旅コラム
国内
海外