【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】神社の由緒や宝物紹介 熱田神宮で新春特別展

【愛知】神社の由緒や宝物紹介 熱田神宮で新春特別展

ジャンル・エリア : 愛知  2012年01月04日

にぎわう宝物館の「新春特別展」=熱田神宮で

にぎわう宝物館の「新春特別展」=熱田神宮で

 全国各地の神社の成り立ちを記した書物や宝物85点を集めた新春特別展「神社のはじまり-社寺縁起・由緒とゆかりの宝物」(熱田神宮、中日新聞社主催)が名古屋市熱田区神宮1の熱田神宮宝物館で開かれている。24日まで。

 
 熱田神宮をはじめ、住吉大社(大阪市)や太宰府天満宮(福岡県)など全国12の神社について、由緒が示された日本書紀や当時の様子を伝える絵図を集めた。太刀や鏡台などの宝物も並び、国宝4点、重要文化財29点がそろった。

 平安時代中期に編さんされた国宝の律令(りつりょう)「延喜式」には、神社の名前が記され、道明寺天満宮(大阪府)所蔵でいずれも国宝の象牙のしゃくと白磁のすずりは、菅原道真が愛用したと伝わっている。

 学芸員の内田雅之さんは「これほどいろんな神社の宝物が集まる展示は、東海地方では数少ない。なぜそこに神社があるのか、どんな神様がまつられているのかを知ってもらいたい」と話している。

 特別展の入館は、大人800円、高校、大学生500円、小中学生200円。問い合わせは、宝物館=電052(671)0852=へ。

旅コラム
国内
海外