【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】主要収蔵品、鑑賞の好機 県美術館リニューアルオープン

【岐阜】主要収蔵品、鑑賞の好機 県美術館リニューアルオープン

ジャンル・エリア : 岐阜  2012年01月12日

田口、安藤基金両コレクションの所蔵品が並ぶ会場=岐阜市宇佐の県美術館で

田口、安藤基金両コレクションの所蔵品が並ぶ会場=岐阜市宇佐の県美術館で

 岐阜市宇佐の県美術館が11日、リニューアルオープンし、約4000点の収蔵品のうち主要作品を3期に分けて展示する「三幕の物語」の第一幕が始まった。2月19日まで。

 
 第一幕は「メセナ(芸術文化支援活動)がはぐくむ未来の遺産」がテーマ。田口福寿会(大垣市)とセイノーホールディングス(同)による田口コレクションと、本巣市の実業家安藤鉦司さんによる安藤基金コレクションの絵画、版画、造形計149点が並ぶ。

 故荒川修作さんによるシルクスクリーン版画、故熊谷守一さんの油彩画、岐阜市出身の美術家日比野克彦さんが段ボールなどで作ったジャンパーなどが目を引く。

 開場式で古川秀昭館長が「新たな歴史を刻みたい」、古田肇県知事が「広く県民の皆さんに作品を見てもらう場になってほしい」とそれぞれあいさつした。

 第一幕は、観覧料一般320円、大学生210円、高校生以下無料。月曜休館。 (佐久間博康)

旅コラム
国内
海外