【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】旬の顔と にらめっこ ウマヅラハギ漁 最盛期迎えPR

【富山】旬の顔と にらめっこ ウマヅラハギ漁 最盛期迎えPR

ジャンル・エリア : 富山  2012年01月23日

円柱水槽の中を泳ぐウマヅラハギ=魚津水族館で

円柱水槽の中を泳ぐウマヅラハギ=魚津水族館で

魚津水族館

 魚津水族館(魚津市三ケ)は、冬の富山湾で水揚げされるウマヅラハギ30匹を円柱水槽で展示している。

 
 魚津漁協がブランド名「魚津寒ハギ」として消費拡大を図っている魚で、漁の最盛期に入ったことから、常設展示の6匹に加えて今冬取れた24匹を展示した。大きさ20~25センチ。

 ウマヅラハギは北海道以南の日本近海や東シナ海などに分布。水深200メートルより浅い所に群れて生息する。体はカワハギより長く、灰褐色。顔が馬のように長いことが名前の由来。

 水族館の飼育研究係員不破光大さん(32)は「冬の味覚として、鍋や刺し身で食卓に出る魚の生きている姿を見てほしい」と話している。 (武田寛史)

旅コラム
国内
海外