【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】イルミネーション、4月1日まで延長 桑名・なばなの里

【三重】イルミネーション、4月1日まで延長 桑名・なばなの里

ジャンル・エリア : 三重  2012年01月30日

追加された「希望の虹」のシーン=桑名市長島町で

追加された「希望の虹」のシーン=桑名市長島町で

 桑名市長島町の「なばなの里」は、3月11日までだった今シーズンのイルミネーション期間を、4月1日まで3週間延長する。「日本の四季」をテーマにした主会場では、今月から「希望の虹」と題したシーンも追加された。

 
 希望の虹は、四季を表現した4つのシーンの後に登場。雨が降り始め、大地をぬらし、色鮮やかな七色が輝く演出。「今年がよい年でありますように」との願いを込めた。

 イルミネーションは、国内最大級の630万球を使用。毎回テーマを変える主会場では、東日本大震災の被災地へエールを送ろうと、東北地方の壮大な大自然と一本桜をモチーフに、日本の美しい四季の移ろいを表現している。

 今シーズンは、会場周辺の渋滞緩和のため、従来の桑名駅ではなく、近鉄長島駅から直通バスを運行。土、日曜と祝日は、近鉄の一部の急行が同駅に臨時停車する。期間延長を受け、3月12日以降は、対応を検討している。 (生田貴士)

旅コラム
国内
海外