【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【静岡】目に鮮やかな“ツバキ”開花 静岡「静峰園・椿の里」で500種530本

【静岡】目に鮮やかな“ツバキ”開花 静岡「静峰園・椿の里」で500種530本

ジャンル・エリア : 静岡  2012年01月31日

ピンクの花を咲かせるツバキ「太郎冠者」=静岡市駿河区池田の静峰園・椿の里で

ピンクの花を咲かせるツバキ「太郎冠者」=静岡市駿河区池田の静峰園・椿の里で

 今月初めに開園した静岡市駿河区池田のツバキ園「静峰園・椿(つばき)の里」で、一部の品種が見ごろとなり始め、来園者の目を楽しませている。

 
 有度(うど)山の斜面に広がる「椿の里」は、約6000平方メートルの敷地に約500種のツバキの木が計約530本植えられている。現在、見ごろとなっているのは、赤い花びらの縁が白い「タマビューティー」や、淡いピンクの「乙女椿(おとめつばき)」など。園全体では2分咲きほどという。

 園主の川口厚夫さんは「乾燥した日が昨年からずっと続いたのと、寒さの影響で、咲きが1カ月ほど遅れている。2月中ごろには咲きだし、楽しませてくれるでしょう」と話していた。

 園内からは、富士山や南アルプスなども望める。開園期間は3月31日まで。入場料は高校生以上700円、中学生以下300円。2月10日までの入園者には、再度来場したとき無料の招待券を配布する。問い合わせは同園=電054(262)1228=へ。 (渡辺正夫)

旅コラム
国内
海外