【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【福井】ズワイガニ、ふ化ピーク 越前がにミュージアム

【福井】ズワイガニ、ふ化ピーク 越前がにミュージアム

ジャンル・エリア : 福井  2012年02月09日

体長3ミリほどのカニの幼生

体長3ミリほどのカニの幼生

 越前町厨(くりや)の越前がにミュージアムで、ズワイガニのふ化が最盛期を迎えている。

 
 ズワイガニの雌は、自然界では水深250メートルほどに生息。1匹の雌からは約5万粒の卵がかえるといい、今年は1月20日からふ化が始まった。

 ミュージアムでは円筒形の水槽に雄3匹、雌50匹を展示。水面には、ふ化して間もない体長3ミリほどの幼生「第一期ゾエア」が無数に浮かぶ。色は半透明で、とげ状の突起が現れた形をしており、漂う姿は雪のようにも見える。雄が雌をはさみでつかんだり、抱え込む求愛行動も見られる。

めったに見ることがないカニの交尾。雌ガニが雄ガニの下でしがみついている=いずれも越前町の越前がにミュージアムで

めったに見ることがないカニの交尾。雌ガニが雄ガニの下でしがみついている=いずれも越前町の越前がにミュージアムで

 幼生は脱皮を繰り返し、3カ月後には成体と同じ形になるという。 (古谷祥子)

旅コラム
国内
海外