【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】里山里海考える 講演会と写真展 輪島・南志見地区

【石川】里山里海考える 講演会と写真展 輪島・南志見地区

ジャンル・エリア : 石川  2012年02月20日

白米千枚田の四季や全国の棚田を紹介した写真展=輪島市里町で

白米千枚田の四季や全国の棚田を紹介した写真展=輪島市里町で

 輪島市南志見地区の町おこしグループ「ビジョン21南志見の会」は19日、同市里町の南志見公民館で、世界農業遺産認定と里山里海についての講演会を開いた。合わせて白米千枚田の写真展も同公民館で始めた。

 
 金沢大の中村浩二教授(副学長)を講師に招き、住民40人が聞き入った。

 中村教授は1月に、海外の世界農業遺産認定地域との交流を目的に、フィリピンの「イフガオ棚田」を視察しフォーラムを開催。イフガオの棚田でも耕作放棄地の問題があることなどに触れながら、金沢大が奥能登を拠点に行っている「能登里山マイスター」養成講座や受講生の活動事例などを報告。里山里海が国内の大都市や海外とのつながりをつくるきっかけになることへの期待感を話した。

 参加した女性は「地域のことは地域でやらないと駄目だなと感じた。元気をもらいました」と感想を話した。

 写真展は、輪島市白米町の白米千枚田のオーナー会員(徳島県在住)が撮影した作品32点を展示。春夏秋冬の姿や長野、新潟、千葉など全国の棚田の風景を紹介している。3月20日まで。 (小塚泉)

旅コラム
国内
海外