【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 椿大神社 三重県鈴鹿市

椿大神社 三重県鈴鹿市

ジャンル・エリア : 三重  2012年03月08日

椿大神社境内にある開運スポット「かなえ滝」

椿大神社境内にある開運スポット「かなえ滝」

甘~い“イチゴ一会”

 三重県鈴鹿市観光協会が主催する「椿(つばき)さんで一期一会、帰りに苺(いちご)一会」観光キャンペーンが人気を集めている。椿大神社(おおかみやしろ)で恋愛成就を祈願した後、割引券の付いたキャンペーンチラシを入手し、市内の農園でイチゴ狩りをしてもらう趣向。4月30日まで。

 市の北西部にある同社は猿田彦大神(おおかみ)を主神とする伊勢国一の宮。妻の天之鈿女命(あめのうずめのみこと)をまつる別宮・椿岸神社を置き、縁結びに御利益があるとされる。中でもこの別宮の横を流れる落差1.5メートルほどの「かなえ滝」は開運スポット。間近で写真を撮る人が多い。愛知県刈谷市から同僚らと訪れた女性は「恋愛のパワースポットと聞いて。おみくじに、近々良縁に恵まれるとあった」とはにかんだ。花の形に折られた椿恋みくじ(300円)は、中に入った小さなお守りと恋のアドバイスが好評という。

 腹ごしらえは、参道の椿会館と参集殿で食べられる名物「椿とりめし」。具は細かく刻んだ鶏肉、ニンジン、地元産コンニャクで、鶏のダシがよく出て味わい深い。各種定食があり、持ち帰り用の折り詰めは470円。

イチゴ狩りを楽しむ家族連れ

イチゴ狩りを楽しむ家族連れ

 市内に5カ所あるイチゴ農園はそれぞれ特徴があり、同社から車で15分ほどの「おかだいちご園」は、備え付けのスリッパに履き替えて入場。3000平方メートルのハウス内に仕切りはなく、どの列も自由に食べ歩ける。奥へ進むほどにイチゴの甘い香りが強くなり「今度はあっちの方へ行ってみよう」と散策気分が楽しい。夜も受け付け、デートや女子会、男子会に利用されている。

 ▼メモ 椿大神社は、近鉄四日市駅から三重交通バスで約50分。車は東名阪自動車道・鈴鹿ICから約10分。おかだいちご園は午前9時半~午後4時半開園。午後6~同9時は予約のみ。月曜定休、火曜不定休。3月は中学生以上1500円、小学生1200円、3歳以上900円(約1時間)。割引券利用は各100円引き。予約は(電)080(4228)0154。全般の問い合わせは、鈴鹿市観光協会(電)059(380)5595

(中日新聞夕刊 2012年3月8日掲載)

旅コラム
国内
海外