【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【福井】中池見湿地の絵、スロープカーに

【福井】中池見湿地の絵、スロープカーに

ジャンル・エリア : 福井  2012年03月30日

中池見湿地を描いた絵がデザインされたスロープカーに乗る咸新小の児童たち=敦賀市樫曲で

中池見湿地を描いた絵がデザインされたスロープカーに乗る咸新小の児童たち=敦賀市樫曲で

 敦賀市咸新小学校の児童が描いた中池見湿地の絵が、同市樫曲の駐車場と湿地の間で運行されているスロープカーの車体を飾った。29日、児童が見学に訪れ、完成を喜んだ。

 
 中池見湿地は、27日に越前加賀海岸国定公園に編入されたほか、ラムサール条約登録湿地の国内候補地選定を目指している。PRを兼ねて、市が児童らに絵の製作を依頼していた。

 絵は小学校の5年生21人が4枚製作。それぞれ中池見湿地の風景、カメや魚などの多様な生物を画用紙にクレヨンで描いた。

 市が縦1メートル、横1.4~1.5メートルの金属製パネル4枚に拡大印刷し、スロープカーの側面に張りつけた。

 見学に訪れた児童らは、装飾が完成したスロープカーに乗り込み、ゆっくりと進む様子に笑顔を見せていた。布栄(ぬのえ)彩花さん(11)は「中池見に来た人に喜んでもらえるとうれしい」と話していた。

 スロープカーは中池見湿地に向かう斜面約80メートルに取り付けられた6人乗りの運搬車両。2000年に大阪ガスが設置し、05年に市に移管された。

 (安福晋一郎)

旅コラム
国内
海外