【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】一宮旧林家住宅で懐かし五月人形

【愛知】一宮旧林家住宅で懐かし五月人形

ジャンル・エリア : 愛知  2012年04月16日

旧林家住宅に飾られている五月人形=一宮市起で

旧林家住宅に飾られている五月人形=一宮市起で

 一宮市起の国登録有形文化財「旧林家住宅」で、懐かしい五月人形が飾られている。50年ほど前の三段飾りもあり、訪れた人が物珍しげに見入っている。5月6日まで。

 
 市民から寄贈された人形4組が座敷や床の間に並ぶ。色鮮やかなよろいやかぶと、細かな刺しゅうが施された着物を着た武者の人形を眺められる。

 建物は尾西歴史民俗資料館の敷地内にあり、江戸時代の宿場町の町家造りを踏襲し、大正期に建てられた。

 近くの主婦(68)は「息子が幼いころは、うちでも飾っていた。立派だね」と懐かしんだ。展示を企画した資料館の学芸員は「今は段飾りを見かけなくなった。幅広い年代の方に楽しんでもらえたら」と話した。

 (三輪喜人)

旅コラム
国内
海外