【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【静岡】ライオンやゾウなどを熱心に描写 浜松市動物園で春の写生大会

【静岡】ライオンやゾウなどを熱心に描写 浜松市動物園で春の写生大会

ジャンル・エリア : 静岡  2012年04月16日

暖かい天気の中、動物を見ながら絵を描く子どもたち=浜松市西区の浜松市動物園で

暖かい天気の中、動物を見ながら絵を描く子どもたち=浜松市西区の浜松市動物園で

 「第57回春の浜松市動物園写生大会」(中日新聞東海本社共催)が浜松市西区の市動物園で開かれている。春らしい陽気となった15日は、家族連れらでにぎわい、子どもたちが動物たちを思い思いに描いた。

 
 子どもたちはライオンやシロクマ、ペンギン、ゾウなど好きな動物の前へ。レジャーシートを敷き、持参したクレヨンや絵の具で画用紙いっぱいに描いた。

 ペンギンをモデルにした磐田市の小林万里子さん(8つ)は「かわいいから好き。絵は難しいけど楽しいです」と話していた。

 写生大会は14日から始まり、21、22両日も開催する。園内で画用紙が配布され、動物か園内風景を描く。入園料400円が必要(中学生以下は無料)。

ポーズを決めたような姿を見せたモデルのライオン=浜松市西区の浜松市動物園で

ポーズを決めたような姿を見せたモデルのライオン=浜松市西区の浜松市動物園で

 画用紙配布は午前9時~午後3時。出品は1人1点に限り、入賞者には市動物園から連絡がある。同園が保管している過去5年分の大会の作品を返却している。 

(並木智子)

旅コラム
国内
海外