【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】恵那峡SAレストラン、きょう新装オープン

【岐阜】恵那峡SAレストラン、きょう新装オープン

ジャンル・エリア : 岐阜  2012年04月26日

宿場をイメージした店内が公開された=恵那市の恵那峡SAで

宿場をイメージした店内が公開された=恵那市の恵那峡SAで

 中央自動車道上りの恵那峡サービスエリア(SA)のレストラン棟が改良工事を終え、26日午前7時に新装オープンする。25日には関係者向け内覧会があった。

 
 恵那峡SAは中日本高速道路のグループ会社・中日本エクシスが運営し、恵那高原開発(恵那市)がテナントを展開。施設老朽化や店舗差別化のため、2月からレストラン棟を改修していた。

 宿場をイメージした売り場420平方メートルに、飛騨牛や寒天豚など地元食材のレストラン「夕照(せきしょう)の里」とウナギ料理店「ひめ本陣まるや」、中山道の別名・姫街道にちなんだ特産品店「ひめ街道物語」が開店する。

 敷地内のフードコート棟(売り場面積100平方メートル)もゴールデンウイーク明けから改修し、7月末の開店を目指す。中日本エクシスでは「地域色を出し、単なる通過点でなく、目指して来てもらえる施設にしたい」と話す。

 (田中富隆)

旅コラム
国内
海外