【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 鳳来山東照宮 愛知県新城市

鳳来山東照宮 愛知県新城市

ジャンル・エリア : 愛知  2012年05月11日

新緑の中で壮麗な構えを見せる鳳来山東照宮

新緑の中で壮麗な構えを見せる鳳来山東照宮

新緑に映える壮麗さ

 新東名・三ケ日-御殿場間の開通に合わせ、浜松市と長野県飯田市間で建設が進む三遠南信自動車道(総延長100キロ、通行無料)の南端部分に当たる新東名・浜松いなさJCT-同自動車道・鳳来峡IC間約13.9キロも開通。同自動車道で新緑の鳳来寺山(標高695メートル、愛知県新城市)へ出かけた。

 同山へは、東名・豊川ICから国道151号を経由するより距離は長いが、市街地の信号待ちや渋滞を回避でき快適だ。山腹の鳳来寺は703(大宝3)年の創建。日光東照宮の東照社縁起に「家康は同寺の霊験により誕生した」との記述を見つけた徳川三代将軍・家光が当時廃れていた寺を修復し、隣に東照宮を造営したという。

 拝殿や本殿の軒下には、20種類以上の霊獣や鳥獣の彫刻が施され壮麗なたたずまい。1651(慶安4)年に完成した鳳来寺仁王門などとともに国の重文に指定されている。鳳来寺へは参道口から約1.2キロ先の石段を上るルートと、鳳来寺山パークウエイ上の駐車場まで車で上るルートがある。1425の石段はかなりきついが、仁王門や樹高日本一といわれる傘杉(約60メートル)など見どころが多い。参道には周辺の地質や動物、植物の標本を豊富に展示、紹介する鳳来寺山自然科学博物館があり、ここで予備知識を仕入れ登ると楽しさが倍増する。

東照宮へ続く石段

東照宮へ続く石段

 帰りは名号温泉「うめの湯」で汗を流そう。木立ちに囲まれた露天風呂につかり、宇連川のせせらぎを聞いていると、疲れが抜けていくようだ。周辺は県内最大の梅の産地。6月の収穫期には格安で生梅を直売する。

 ▼メモ 鳳来寺参道口は、JR飯田線の本長篠駅から豊鉄バス・鳳来寺下車。車は三遠南信自動車道・鳳来峡ICから国道151号利用。鳳来寺山パークウエイ上の駐車場は普通車500円。鳳来寺山自然科学博物館は午前9~午後5時、火曜定休。入館料大人210円、小・中学生100円。(電)0536(35)1001。うめの湯は午前10~午後9時、木曜定休。入浴料中学生以上700円、小学生400円。(電)0536(33)5126

(中日新聞夕刊 2012年5月10日掲載)

旅コラム
国内
海外