【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【静岡】来月、天竜区でミュージカル

【静岡】来月、天竜区でミュージカル

ジャンル・エリア : 静岡  2012年05月23日

ポスターを前に思いを語る仲井さん=浜松市役所で

ポスターを前に思いを語る仲井さん=浜松市役所で

◆浜松市職員原作「かっぱの総理大臣」

 森や川の大切さを訴える手づくりのミュージカル「かっぱの総理大臣」が6月10日、浜松市天竜区の龍山森林文化会館で上演される。同区の住民らでつくる「『龍水の都』文化体験プログラム実行委員会」が主催。原作の童話は市職員の仲井英之さん(43)=同市中区=が書き下ろした。仲井さんは「子どもたちが、自然や社会のあり方を考えるきっかけになれば」との思いを込めている。

 
 作品は、川や湖の環境を守るために選挙に立候補し、首相を目指そうとする「かっぱのヘーキチ」と、子どもたちをめぐる物語。ヘーキチの熱い思いに触れた子どもらは選挙運動を手伝おうとするが、山奥に住む竜が自然環境の悪化に我慢できず、怒って暴風雨を起こしてしまう。

 市広報広聴課に勤務する仲井さんは2009年に、市主催の「第3回森林のまち童話大賞」に「森のてんぐ屋さん」で大賞を受賞し、作品は同実行委員会がミュージカル化した。その後も仲井さんは仕事のかたわら、出勤前の早朝などに創作活動を継続。今作の原案を実行委関係者に見せたところ、上演が決まった。

 「てんぐ屋さん」ではモノの売買を通じた経済活動を素材にし、今作は政治を取り入れた。「政治は遠いものではなく、身近な生活に関わっていることを子どもたちに分かってもらいたかった」と仲井さん。児童向けにはやや堅くなりがちなテーマだが、小学3年生と1年生の娘2人が「面白い」と応援してくれたことが励みになったという。

 ミュージカルは「美林天竜・森と川を守るキャンペーン」の一環で、天竜区の小中学生ら約60人が演じる。入場料は一般300円、高校生以下無料。午前、午後の各1回上演。問い合わせは龍山森林文化会館=電053(968)0331=へ。

(原昌志)

旅コラム
国内
海外