【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】甘~い万葉和歌 朔日祭で提供 「つきたて菓子」試作

【富山】甘~い万葉和歌 朔日祭で提供 「つきたて菓子」試作

ジャンル・エリア : 富山  2012年05月30日

氷見産の稲積梅を使った「あじさい」(左)など6月1日の和菓子=高岡市古城で

氷見産の稲積梅を使った「あじさい」(左)など6月1日の和菓子=高岡市古城で

高岡の射水神社

 高岡市古城の射水神社が毎月1日の神事朔日祭(ついたちさい)に合わせ、「つきたて菓子」と名付けて境内の喫茶店で提供している和菓子の次回の試作品が29日、出来上がった。

 
 6月1日限定で提供する菓子は、初夏に合わせ清涼感や透明感を演出。「あじさい」は、氷見市産の稲積梅を使い、アジサイの花が登場する万葉和歌をモチーフにした菓子。「よもぎ水餅(みずもち)」は、あん入りのよもぎもちを新鮮なササの葉でくるんだ。

 ついたち、作りたての語感にちなんだ「つきたて菓子」は、春秋のぼたもちやおはぎ、節句のひしもちなど、神様やご先祖に菓子を供え、食べた古来の風習にならう取り組み。

 6月1日の菓子は、あじさい1個と水餅2個入りの1箱500円で境内の「いみづ茶寮」で授ける。抹茶とのセットもある。神社の担当者は「今後も県産材料を使って地元産業にも寄与できれば」と言う。問い合わせは同茶寮=電0766(22)0808=へ。 

(森木幹哉)

旅コラム
国内
海外