【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】文化財の魅力発信を

【滋賀】文化財の魅力発信を

ジャンル・エリア : 近畿  2012年06月05日

ツアーに組み込まれている伝平家終焉の地=野洲市で

ツアーに組み込まれている伝平家終焉の地=野洲市で

 ブログ愛好家の協力を得て県内の国宝や重要文化財の魅力を各自のブログに紹介してもらおうと、県文化財保護課は15日まで、ブログ作成のための現地見学ツアーの参加者を募集している。

 
 ツアーのテーマは「平清盛や戦い」。同課では、5つのツアーを計画する。初回ツアーは30日午前10時にJR野洲駅に集合。平清盛にかわいがられていたとされる白拍子(歌姫)の女性が祭られている妓王寺のほか、伝平家終焉(しゅうえん)の地などを見学する。

 2回目以後のツアーでは、多賀大社(多賀町)や瀬田唐橋(大津市)などの一般的な観光コースも見学するが、浅井3姉妹の次女・初が嫁いだ京極家の墓所(米原市)、木曽義仲に付き従っていた今井兼平の墓(大津市)など、滋賀の奥深さを中心に見学する。いずれも県文化財保護課の担当職員らが現地で解説をする。

 県では、今まで秋の観光シーズンを前に県観光交流局が2010年と11年にブロガー50人を募集。応募者多数により反響が大きかったため、文化財保護課でも初めて募集をかけることにしたという。文化財保護課では、ブログ発信をきっかけに、次のステップに一般向けの見学会開催を今秋にも開きたいとする。

 同課の担当者は「職員がしっかりと案内します。県の観光地や文化財の魅力を一緒に発信していきましょう。歳出削減のためにも協力してほしい」と呼び掛けている。

 複数のコースに応募が可能で、各コースの定員は20~30人。審査の上、参加者を選ぶ。ツアーの参加は無料だが、拝観料が必要な施設もある。申込用紙や詳細は県のホームページからアクセスできる。問い合わせは文化財保護課=電077(528)4674=へ。

 (堀尾法道)

旅コラム
国内
海外