【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【福井】多彩な催し、来月開幕「鉄道と港」フェス

【福井】多彩な催し、来月開幕「鉄道と港」フェス

ジャンル・エリア : 福井  2012年06月13日

 敦賀と長浜(滋賀県)間の鉄道開通130周年などの節目を祝う記念行事を計画している「『敦賀・鉄道と港』まちづくり実行委員会」(田中完一委員長)は12日、7月20日から10月下旬まで敦賀市の金ケ崎緑地で継続開催するフェスティバルの内容を決めた。機関車の形を浮かび上がらせるライトアップなどが目玉となる。

 
 フェスティバルはこのほか食、遊び、買い物などのテーマによる各種イベントで構成。ライトアップは、7月20~8月19日と敦賀まつり中の9月1~4日の午後7時半~10時、長さ約13メートルの機関車と20メートルのレールをかたどったイルミネーションを点灯させる。7月20日には点灯式も実施する。

 7月20~22日は、「つるが浪漫『欧亜食堂』」と題してボルシチやロシア風カツレツなどのロシア料理を提供するブースを設ける。7~8月の土、日曜日を中心に、段ボールで海賊船や機関車の形にした迷路、フリーマーケットなどの催しを展開する。

金ケ崎緑地で点灯する機関車イルミネーションのイメージ図(実行委事務局提供)

金ケ崎緑地で点灯する機関車イルミネーションのイメージ図(実行委事務局提供)

 フェスティバルを盛り上げるため、敦賀駅から金ケ崎までの道沿いにある飲食店を回るスタンプラリーや、イベント開催中の金ケ崎緑地で鉄道写真のパネル展も行う。

 フェスティバルは実行委が市や県の補助を受け、2200万円をかけて実施。運営事業者を公募し、福井テレビを選んだ。

(安福晋一郎)

旅コラム
国内
海外