【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】「とばーがー」に4種が仲間入り

【三重】「とばーがー」に4種が仲間入り

ジャンル・エリア : 三重  2012年07月09日

「とばーがー」として認定された(左から)「伊勢海老カレーライスバーガー」「戸田家スティックバーガー」「戸田家の海七草ライスバーガー」「鳥羽潮騒フリッたこバーガー」=鳥羽市役所で

「とばーがー」として認定された(左から)「伊勢海老カレーライスバーガー」「戸田家スティックバーガー」「戸田家の海七草ライスバーガー」「鳥羽潮騒フリッたこバーガー」=鳥羽市役所で

鳥羽市産の食材を活用したご当地バーガー「とばーがー」として3業者考案の計4種が、新たに市の認定を受けた。

 
 4種は、鳥羽市鳥羽一の洋食レストラン「グランブルー」による「伊勢海老(えび)カレーライスバーガー」、鳥羽一の旅館「戸田家」による「海七草ライスバーガー」と「スティックバーガー」、松阪市駅部田町の移動販売業「アンカー・パートナーズ」による「鳥羽潮騒フリッたこバーガー」。

 カレーライスバーガーは、揚げた伊勢エビと白米が入ったカレーソースの具が特徴。800円。9月中旬~翌4月末の伊勢エビの漁期に限定販売。

 海七草ライスバーガーは、マダイの空揚げをヒジキなど7種の海藻入りのご飯で挟んだ。450円。スティックバーガーは鳥羽市の加茂地区産の牛肉が入った棒状のコロッケを具にした。500円。ともに旅館内で販売し、予約が必要。

 フリッたこバーガーは、タコとアオサの揚げ物の具にヒジキ入りのクリームソースをかけた。600円。近鉄鳥羽駅前で7月21日~8月末に開かれるイベントで販売。

 3業者の代表らに認定証を手渡した木田久主一市長は「特徴あるハンバーガーを作ってもらった。多く売れることを期待している」と述べた。

 とばーがーは今回の4種が加わり、計26種になった。

 (片山健生)

旅コラム
国内
海外