【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】ガラス涼しげ 瀬戸で「青の器」展示

【愛知】ガラス涼しげ 瀬戸で「青の器」展示

ジャンル・エリア : 愛知  2012年07月23日

涼しげなガラスや青磁の器が並ぶ会場=瀬戸市新世紀工芸館で

涼しげなガラスや青磁の器が並ぶ会場=瀬戸市新世紀工芸館で

 瀬戸市南仲之切町の市新世紀工芸館で8月5日まで、「ガラスと青の器展」が開かれている。夏らしい、涼しげなガラスの器やアクセサリー、ガラスの透明感に合うさわやかな青磁や染付などを展示、販売している。火曜休館、入館無料。

 
 ガラス作品は鉢やグラスなどの器のほか、とんぼ玉などのアクセサリー、オブジェ、置物、風鈴などさまざまな小物がそろう。「青の器」は、鉢や皿、そばちょこ、ぐいのみなど。市内を中心に、県内外からガラス工芸作家17人と陶芸作家22人が出品し、190種610点の作品を楽しめる。

 「瀬戸は陶磁器だけでなく、ガラスの原材料である珪砂(けいしゃ)の産地としても有名。ガラス作品に興味を持つきっかけになれば」と担当者は来場を呼びかける。

(阿部雅之)

旅コラム
国内
海外