【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】県内最大トチノキ確認

【滋賀】県内最大トチノキ確認

ジャンル・エリア : 近畿  2012年07月24日

県内最大のトチノキ=高島市朽木雲洞谷の山中で

県内最大のトチノキ=高島市朽木雲洞谷の山中で

 県内最大のトチノキが高島市朽木雲洞(うと)谷の山中で確認され23日、報道陣に公開された。

 
 根本の周囲は8.07メートル、樹高が29メートル。樹齢500年以上と推定される。大きな枝折れもなく、健全な状態という。昨年から300本余りの調査と保全活動をしてきた巨木と水源の郷をまもる会(青木繁会長)が今月16日に確認した。

 木を所有し近くに住む杉原孝治さん(57)と、巨木と水源の郷をまもる会が話し合い、地域活性化につながると考え、公開することにした。根本の周囲は近畿、中部地方では15番目のサイズという。

 青木会長は「トチの実をもちにして食べる習慣が地元にあり、大切にされてきたのは間違いない。朽木地区にはトチノキの巨木が多い。将来は車いすでも見学できるように散策道を整備できれば」と期待している。会では10月20、21日に高島市朽木針畑地区でトチノキ祭りを初めて開く。

(山口哲)

旅コラム
国内
海外