【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】特産・筆柿使ったカレー 幸田の道の駅が考案

【愛知】特産・筆柿使ったカレー 幸田の道の駅が考案

ジャンル・エリア : 愛知  2009年12月08日

新発売の筆柿茄子カレー。ルーとともに黄土色の筆柿ペーストが盛りつけられる=幸田町の筆柿の里・幸田で

新発売の筆柿茄子カレー。ルーとともに黄土色の筆柿ペーストが盛りつけられる=幸田町の筆柿の里・幸田で

 幸田町桐山、国道23号の道の駅「筆柿の里・幸田」の食事処(どころ)笑意軒で、地元特産の筆柿を使った新メニュー「筆柿茄子(なす)カレー」が登場した。

 
 駅名になった筆柿は同町の特産で、全国の95%以上を占める圧倒的な生産量を誇るが、生で食べられるのは9月から10月ごろ。年間を通して名物を味わってもらおうと、長谷輝彦店長(44)らが考案した。

 筆柿のヘタと種を取り除いてミキサーでペースト状にして火を通す。添加物は使わない。一緒に盛り付けたカレールーと混ぜ込むことで、天然の甘さとまろやかさを堪能してもらう。町内産の揚げナスとゆで卵も添える。

 長谷店長は「味は、もちろん自信がある。これまでほとんどなかった生以外の用途を提案して、筆柿生産農家を応援したい」と意欲を燃やしている。

 1日限定20食で、価格は680円。筆柿360キロ分のペーストが保管してあり、なくなり次第、販売を終了する。

 (中野祐紀)

旅コラム
国内
海外