【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】新海王丸 初代と“並ぶ” 2年ぶり富山新港に

【富山】新海王丸 初代と“並ぶ” 2年ぶり富山新港に

ジャンル・エリア : 富山  2012年08月10日

練習帆船「海王丸」の寄港歓迎式典であいさつする渡辺船長(左)=射水市海王町の富山新港海王岸壁で

練習帆船「海王丸」の寄港歓迎式典であいさつする渡辺船長(左)=射水市海王町の富山新港海王岸壁で

 独立行政法人航海訓練所(横浜市)の練習帆船「海王丸」が9日、射水市海王町の富山新港海王岸壁に寄港した。引退し一般公開のため常時係留されている初代海王丸と2年ぶりに並び、市民らの歓迎を受けた。

 
 2010年10月以来の寄港は、近くで建設中の新湊大橋の開通日が迫る中での祝賀のプレイベント。市や経済団体などでつくる新湊大橋開通記念イベント実行委員会が誘致した。新・海王丸には実習生76人が、9カ月間の乗船訓練のうち7月からの最終3カ月を過ごしている。

 式典では、地元の奈古中学校吹奏楽部が演奏。実行委員長の夏野元志市長らがあいさつし、渡辺兼人船長は「実習の若者たちは仕上げの最終段階にある。先代の使命を引き継ぎ2世も頑張るので、応援をお願いします」と述べた。

 新・海王丸の一般公開は11日。2隻そろってのイルミネーション点灯は、9~12日の日没~午後10時。12日は両海王丸がすべての帆を広げる「ダブル総帆展帆」が9年ぶりに予定されている。新・海王丸は13日に、福岡・門司港に向け出港する。 (石川尚里)

旅コラム
国内
海外