【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】印染トートバッグ巡回展 名古屋で始まる

【愛知】印染トートバッグ巡回展 名古屋で始まる

ジャンル・エリア : 愛知  2012年08月17日

個性的な模様が描かれた「印染トートバッグ」が並ぶ会場=名古屋市中村区のトライデントデザイン専門学校で

個性的な模様が描かれた「印染トートバッグ」が並ぶ会場=名古屋市中村区のトライデントデザイン専門学校で

 東日本大震災の産業復興を手助けしようと、被災地の職人とデザイナーらが共同で作った「印染トートバッグ」の名古屋巡回展が16日、名古屋市中村区のトライデントデザイン専門学校で始まった。同校の主催。20日まで。入場無料。

 
 会場には、ユニクロのロゴデザインなどで知られる佐藤可士和(かしわ)さんや、地元出身の宇野亜喜良(あきら)さんら約180人のデザインを基に、岩手、宮城、福島、茨城各県の印染職人が染め上げた布で作ったトートバッグ約180点が展示されている。

 印染は漁船の大漁旗などに使用される伝統工芸。大漁旗をモチーフにしたものなどユニークなデザインが来場者を楽しませた。「脱原発」をイメージしたものも並んだ。会場で予約注文ができ、収益は東日本大震災の義援金として寄付される。

 学校帰りに訪れた、岐阜県大垣市の専門学校2年、七里友梨さん(24)は「たくさんあってびっくりした。欲しいものがいっぱいあって困ってます」と目移りしていた。

 (安永陽祐)

旅コラム
国内
海外