【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】なつかしい市電・市バス・地下鉄の写真 優秀5作品決まる

【愛知】なつかしい市電・市バス・地下鉄の写真 優秀5作品決まる

ジャンル・エリア : 愛知  2012年08月22日

山本まゆみさんの作品(1953年ごろ)

山本まゆみさんの作品(1953年ごろ)

 名古屋市交通局が市営交通開業90周年を記念して募集した「なつかしい市電・市バス・地下鉄の写真」の優秀作品5点が決まった。

 
 日進市の竹村文男さんの作品には、1954(昭和29)年1月に栄町交差点付近を市電と市バス(ボンネットバス)が並んで走っている場面が写っている。熱田区の山本まゆみさんは、自身が子どもだった53年ごろ、中村公園前バス停のベンチで、家族でバス待ちする様子を収めた写真を応募した。

 北区の田中鉄也さんの作品は、72年2月に上前津電停前で、市民らが「さよなら」の横断幕を掲げ、集合写真に収まる様子が写っている。市交通局によると、市電「名古屋駅前-堀田駅前」の路線廃止を惜しみ、記念撮影したとみられるという。

 南区の杉浦敏夫さんは、市電末期の昭和40年代の夜の栄町電停を撮影し、当時のにぎやかさが感じられる。南区の稲見真一さんの写真には、72年の名古屋まつりで、桜山交差点を走る花電車が収められている。

 市交通局は6~7月、開業から昭和40年代までに撮影された写真を募集、371点が集まった。

 優秀作品を含む全応募作品は、23日から11月20日まで、日進市浅田町の市電・地下鉄保存館「レトロでんしゃ館」で無料公開される。優秀作品は地下鉄駅構内で無料配布される交通局ニュースに掲載される。

 (朝田憲祐)

旅コラム
国内
海外