【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】あんどん30人30色 来月の芭蕉祭に向け初製作

【石川】あんどん30人30色 来月の芭蕉祭に向け初製作

ジャンル・エリア : 石川  2012年08月29日

あんどんを作る参加者たち=加賀市山中温泉文化会館で

あんどんを作る参加者たち=加賀市山中温泉文化会館で

レディー・カガらが挑戦

 加賀市山中温泉の芭蕉(ばしょう)祭(9月1~30日)の期間中、温泉街に並べるあんどん作りが28日、同市山中温泉西桂木町の山中温泉文化会館であった。(服部展和)

 
 山中温泉観光協会が初めて企画。地元の小学生や温泉街で働く女性グループ「レディー・カガ」のメンバー、旅館、商店の関係者ら30人が個性豊かなあんどん30個を作った。

 参加者たちは和紙に墨や柿渋で絵や文字をかき、竹ひごの支柱に巻き付けて高さ60センチのあんどんを作り上げた。山中漆器の絵をかいた山中小学校4年の梶井惣生君(9つ)は「とても楽しかった」。レディー・カガのメンバーの芸妓(げいぎ)・小乃葉さん(20)は「訪れる人たちに雰囲気を楽しんでもらえれば」と話していた。

 あんどんは山中座や旅館、商店などの出入り口に置き、夕方から夜にかけて点灯する。

 松尾芭蕉が滞在したことにちなんだ芭蕉祭は今年、期間や規模を拡大。日本の名湯百選シンポジウムやジャズライブなどを新たに催す。問い合わせは山中温泉観光協会=電0761(78)0330=へ。

旅コラム
国内
海外