【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】桑名でヒマワリ満開 実行委「今年も種を東北に」

【三重】桑名でヒマワリ満開 実行委「今年も種を東北に」

ジャンル・エリア : 三重  2012年09月03日

満開を迎えたヒマワリ=桑名市多度町小山で

満開を迎えたヒマワリ=桑名市多度町小山で

 桑名市多度町小山の休耕田に植えられたヒマワリが満開を迎え、訪れた人の目を楽しませている。

 
 休耕田は広さ約5000平方メートル。高齢化で増えている休耕田を活用し、地域の活性化につなげようと、住民らでつくる「ニコニコひまわり大咲(だいさ)く1000(せん)実行委員会」が育てた。

 きっかけは昨年、桑名で採ったヒマワリの種を東日本大震災の被災地に送ったことだった。今年は、被災地とのつながりを形にしつつ、多度町を訪れる人に花を楽しんでもらえる場所を作ろうと休耕田を活用することに。

 4月から土づくりや草むしりを始め、6月に約10キロを種まき。今では大人の肩ほどまで伸びて黄色の花を咲かせている。

 実行委員会会長の蛭川ひとみ(47)さんは「種を取ったら今年も東北へ送りたい」と話している。

 実行委員会によると見頃は4日ごろまで。現在、活動メンバーを募集している。場所などの問い合わせは蛭川さん=電090(4232)0840=へ。

 (渡辺聖子)

旅コラム
国内
海外