【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【福井】天然アユおいしさ抜群 九頭竜川

【福井】天然アユおいしさ抜群 九頭竜川

ジャンル・エリア : 福井  2012年09月04日

炭火でこんがりときつね色に焼かれた天然アユ=勝山市の鹿谷鮎の駅で

炭火でこんがりときつね色に焼かれた天然アユ=勝山市の鹿谷鮎の駅で

 アユの釣り場として全国的に知られる九頭竜川沿いで、釣り上げたアユを塩焼きにする店がにぎわっている。

 
 勝山市鹿谷町発坂(ほっさか)の「鹿谷鮎(あゆ)の駅」でも、アユが炭火で次々と塩焼きにされ、辺りに香ばしい香りを漂わせた。店主の石田奥保(おくやす)さん(62)によると、この時期のアユは片方の卵巣に卵が残っているため「片子(かたこ)」と呼ばれ、脂の乗りは最高という。

 石田さんは天然アユに串を打ち、ヒレに化粧塩を施して、じっくりと焼き上げる。アユは釣り客から買い取り、炭火で焼いたものを600~800円で販売している。石田さんは「水がきれいな九頭竜川で育ったアユのおいしさは抜群です」とPRしていた。

(山内道朗)

旅コラム
国内
海外