【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】絶滅の恐れ 地元植物展 婦中・県中央植物園

【富山】絶滅の恐れ 地元植物展 婦中・県中央植物園

ジャンル・エリア : 富山  2012年09月05日

黄色の花を咲かせるオミナエシを眺める来場者=富山市婦中町上轡田の県中央植物園で

黄色の花を咲かせるオミナエシを眺める来場者=富山市婦中町上轡田の県中央植物園で

 県内の絶滅危惧植物を紹介する企画展が富山市婦中町上轡田の県中央植物園で行われている。11月21日まで。

 
 絶滅の恐れがある野生生物をまとめた「レッドデータブックとやま2012」を県が発行したことにちなみ、データブックに記載されている439種のうち、50種の植物を展示している。

 黄色い小さな花をつけるオミナエシや、日当たりの良い湿地に生息する多年草のサギソウなどを鉢植えで展示。いったんは絶滅種に指定されたが、8年前に生息が確認されたオニバスも写真で紹介している。

 県中央植物園の山下寿之副主幹研究員(52)は「展示されている植物を山などで見かけたら、ぜひ教えてほしい」と、来場と植物保護の協力を呼び掛けている。

 入場料は大人500円、高校生以下は無料。問い合わせは同園=電076(466)4187=へ。(広田和也)

旅コラム
国内
海外