【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】落ちアユ ぷりぷり 庄川で「子持ち」メニューに

【富山】落ちアユ ぷりぷり 庄川で「子持ち」メニューに

ジャンル・エリア : 富山  2012年09月09日

炭火で焼かれる子持ちアユ=砺波市庄川町金屋で

炭火で焼かれる子持ちアユ=砺波市庄川町金屋で

 産卵のために川を下る「落ちアユ」がシーズンを迎え、砺波市庄川町金屋のアユ料理専門店「鮎(あゆ)の里」で8日、独特の触感を楽しめる子持ちアユがメニューに加わった。季語にもなっている秋の味覚を「ぷりぷりの身がおいしい」「ほくほく感がたまらない」と、待ちわびたファンが楽しんだ。

 
 店には、開店と同時に多くの人が次々に訪れた。入り口左側にある焼き場で、竹串に刺して塩を振った子持ちアユを、炭火でじっくり焼き上げている。香ばしい香りが漂う中、来店者が焼きたての塩焼きをほおばった。子持ちアユは11月末まで味わえる。

 旬の味覚を求めて毎年富山、石川両県などから訪れる客が多い。年に数回訪れる金沢市古府、無職浅田国男さん(68)は、妻と姉夫婦の4人で来店。「以前から来る日を決めていたが子持ちアユが始まる日に重なってラッキー。太っていて本当においしい」と笑顔で話していた。 (萩原誠)

旅コラム
国内
海外