【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】松本城で恒例の「月見の宴」始まる

【長野】松本城で恒例の「月見の宴」始まる

ジャンル・エリア : 甲信越  2012年09月27日

庭園内に設けられた茶席で茶道具を眺める市民ら=松本市の国宝松本城で

庭園内に設けられた茶席で茶道具を眺める市民ら=松本市の国宝松本城で

 月夜を楽しむ恒例の「月見の宴」が26日夜、松本市の国宝松本城本丸庭園で始まった。ぼんやり輝く月とライトで照らされた城が闇に浮かび上がり、和の風情を漂わせていた。10月1日までの期間中、午後5時半~8時半に庭園が無料開放される。

 
 日本の風習である「お月見」を伝えるため、中秋の名月の時期に合わせて松本城管理事務所が2000年から毎年催している。

 市民や観光客らは庭園内に設けられた茶席でくつろぎながら天守の南東にある月見櫓(やぐら)から聞こえる琴や尺八、三味線の音色に聴き入ったり、野外の生け花展示を見たりして楽しんだ。

 (佐野公彦)

旅コラム
国内
海外