【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】「こまねこ」新作撮影中 飯田・川本人形美術館

【長野】「こまねこ」新作撮影中 飯田・川本人形美術館

ジャンル・エリア : 甲信越  2012年10月09日

公開されているこま撮り人形アニメーション「こまねこ」の撮影現場=飯田市で

公開されているこま撮り人形アニメーション「こまねこ」の撮影現場=飯田市で

 こま撮り人形アニメーション「こまねこ」の新作が、飯田市の川本喜八郎人形美術館で公開撮影されている。1秒あたり、24枚の静止画の連続でできているこま撮りの緻密な世界を、間近で見ることができる。28日まで。

 
 新作は、ネコの「こまちゃん」が留守番している際に起きる出来事を紹介する内容。撮影を手がけるアニメーションスタジオ「ドワーフ」のアニメーターが、スタジオ内の照明や振動にも気を配りながら、ほんの少しずつ人形を動かして撮影を進めている。

 約5分のショートムービーだが、人形に加えて小道具やセット、カメラ位置なども変えるため、1日に撮れる映像はわずか数秒分。飯田では約1カ月かけ、1分間分の撮影を目指す。来年2月に市内で上映される予定。撮影は、故川本喜八郎さんとドワーフ社のつながりから実現。ボランティアスタッフの吉沢いずみさん(37)は「めったにない機会。生の雰囲気とスタッフのチームワークを、時間をかけて見てほしい」と話した。

 監督とアニメーターによる実演トークショーも20日午後2時から、同美術館で開かれる。

 (石川才子)

旅コラム
国内
海外