【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】ベルーガ赤ちゃん完全公開 名港水族館

【愛知】ベルーガ赤ちゃん完全公開 名港水族館

ジャンル・エリア : 愛知  2012年10月17日

飼育員の指をくわえて甘えるベルーガの赤ちゃん=名古屋港水族館で

飼育員の指をくわえて甘えるベルーガの赤ちゃん=名古屋港水族館で

 名古屋港水族館(港区)は16日、観覧制限をして公開していたベルーガ(シロイルカ)の雄の赤ちゃんを完全公開した。閉鎖中だった水面からの観覧スペースも開放し、約2カ月半ぶりにベルーガのトレーニングの様子も見ることができるようになった。

 
 赤ちゃんは8月2日に推定体長160センチ、体重60キロで誕生。16日現在、推定170センチ、120キロまで成長した。母グレイ(推定13歳)に寄り添って泳いだり、呼吸口から泡を出して遊んだり、愛らしい姿を見せている。

 この日のトレーニングでは、グレイがヒレを振る「バイバイ」やジャンプなどの技を練習。少し離れたところで、赤ちゃんが飼育員に頭や体をなでてもらい、飼育員の指をくわえて甘えていた。

 水族館は「水面からの観覧スペースからは、飼育員とじゃれ合う姿も見える。日に日に動きのパターンも増えてきているので、いろんな角度からみてほしい」と話している。 

 (蜘手美鶴)

旅コラム
国内
海外