【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】赤バス、16日から復活運行 松本電鉄の創立90周年記念し

【長野】赤バス、16日から復活運行 松本電鉄の創立90周年記念し

ジャンル・エリア : 甲信越  2009年12月11日

懐かしいデザインで復活した松電の「赤バス」=松本市の松本電気鉄道本社で

懐かしいデザインで復活した松電の「赤バス」=松本市の松本電気鉄道本社で

 松本電気鉄道(松本市)は、来年3月に創立90周年を迎えるのを記念し、かつて「赤バス」と親しまれ、1997年まで活躍した旧デザインのバスを復活させる。同社に残っていた84年式の車両を塗装。「メモリアル号」として16日から市内の路線を走らせる。

 
 旧デザインは1955年採用。クリーム色をベースにした車体の上部を赤に、下部を青に塗り分けている。

 長年親しまれたが、90年代初めごろから現在の白の車体にカラフルな5色のラインが入ったデザインに順次切り替えられ、97年を最後に赤バスは姿を消した。

 懐かしむ声は以前から社内外に多く、創立記念の節目に、メモリアル号として復活が決まった。車両も古い型式で、丸い屋根や小さな窓がかつての雰囲気を再現しているという。

 路線運行は週3日ほどで、市中心部を走る路線を予定している。このほかイベントでの展示や、月1回程度の日帰りツアーの運行も検討している。同社社員の洞沢良子さん(58)は「通学、通勤にも使い、とても思い出深い。私にとっては松電といえばこのデザイン」と懐かしんだ。

 26日午前10時から同市島内の同社松本北営業所で、車内見学などができる撮影会を開く。

 (安藤孝憲)

旅コラム
国内
海外