【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】名張で10、11日に「隠街道市」

【三重】名張で10、11日に「隠街道市」

ジャンル・エリア : 三重  2012年11月07日

隠街道市をPRする名張地区まちづくり推進協議会のメンバー=名張市役所で

隠街道市をPRする名張地区まちづくり推進協議会のメンバー=名張市役所で

 名張市のまちなかの活性化を目指すイベント「隠(なばり)街道市」が10、11の両日、市内の上本町、中町、榊町などの名張地区一帯で開かれる。7回目の今年は、名張生まれの小説家江戸川乱歩の作品に登場する「怪人二十面相」のなりきりコンテストを初めて実施。2日目には、初瀬街道沿いの地域の関係者が集う「防災サミット」も企画した。

 
 住民らでつくる「名張地区まちづくり推進協議会」が主催。昨年は天候にも恵まれ、2日間で延べ約3万人が訪れた。

 なりきりコンテストは、20組ほどの参加者が乱歩の生んだ大怪盗「怪人二十面相」に仮装し、2日間にわたってまちなかに“出没”。住民らによる審査と来場者の投票で最優秀賞などを決める。

 防災サミットは、奈良県桜井市の初瀬と松阪市の6軒を結ぶ「初瀬街道」に関係する自治体や地域住民が防災の取り組みを紹介。会場は名張市総合福祉センターで午前9時半から。県の防災担当職員の講演などもある。

 このほか10日は、イオン名張店近くの「一の鳥居広場」で、伊賀地域のダンスチームらが演技を披露。夜には新町、本町周辺をあんどんで照らし出す。問い合わせは、協議会(名張公民館内)=電0595(64)2605=へ。当日の連絡は=電090(8182)1752=へ。

 (小西亮)

旅コラム
国内
海外