【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】巳年陶板切符が人気 信楽高原鉄道

【滋賀】巳年陶板切符が人気 信楽高原鉄道

ジャンル・エリア : 近畿  2012年11月28日

 来年のえとのヘビをあしらった信楽高原鉄道の信楽焼陶板製「巳(み)年親子キップ」が好調な売れ行きを見せている。1000枚限定で15日に発売してから10日余で早くも完売目前という。

 
 切符は、かわいらしいヘビの親子を手前に配し、後ろに信楽町のキャラクター「ぽんぽこちゃん」をあしらったヘッドマークを付けた車両を描いた。

 サイズは縦約17センチ、横12センチ、厚みは1センチ。重さ320グラム。町内の信楽くるみ作業所に製作を依頼した。信楽-貴生川間の大人と小人の往復乗車券で、来年いっぱいまで有効。販売価格は1360円。

 同鉄道は20年ほど前から毎年陶板製のえと切符を販売。今年の辰(たつ)年切符は1500枚製作したが、300枚売れ残った。このため今回は1000枚に絞った。ところが「ヘビの親子のデザインがかわいい」との評判やことし開業25周年を迎えたことなどが重なり、予想外の売れ行きになったという。「切符は使用後は壁掛けとして飾っていただけます。残りわずかなため、お早めにお求めください」と同鉄道。問い合わせは同鉄道総務課=電0748(82)4366=へ。

 (花井勝規)

旅コラム
国内
海外