【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】秀吉の書状 初公開 市郷土博物館で企画展

【富山】秀吉の書状 初公開 市郷土博物館で企画展

ジャンル・エリア : 富山  2012年12月13日

秀吉の人物像に迫る作品が並ぶ会場=富山市郷土博物館で

秀吉の人物像に迫る作品が並ぶ会場=富山市郷土博物館で

富山

 戦国時代に一代で天下人となった豊臣秀吉の人物像を手紙や文献などで紹介する企画展が、富山市本丸の市郷土博物館で開かれている。来年1月27日(12月28日~1月4日は休館)まで。

 
 1585(天正13)年、関白になった秀吉は富山に出陣し、佐々成政を降伏させて富山城を破却した。会場には、富山城に立てこもる成政軍が鉄砲を放つ中、馬上の秀吉が家臣の加藤清正などを率いて、城に攻め込む場面が描かれた浮世絵版画が展示されている。

 富山市内で今年発見された、秀吉が富山の武将津田重久に送った書状も初公開。秀吉が土地を分け与えるとの内容で、賤ケ岳合戦の恩賞と考えられるという。ほかにも、徳川家康宛の書状や、織田信長の草履を持つ秀吉が描かれた挿絵も並ぶ。

 博物館の萩原大輔学芸員(30)は「テレビなどで描かれる姿とは違う秀吉を堪能してほしい」と来場を呼び掛けている。1月20日には、萩原学芸員による展示解説会がある。

 問い合わせは博物館=電076(432)7911=へ。(広田和也)

旅コラム
国内
海外