【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 岬巡り 静岡県下田市、南伊豆町

岬巡り 静岡県下田市、南伊豆町

ジャンル・エリア : 静岡  2012年12月20日

伊豆半島南端の断崖に立つ石室神社

伊豆半島南端の断崖に立つ石室神社

海の安全、縁結び願う

 黒船来航で鎖国の扉を開いた下田(静岡県下田市)。港に着いたペリー提督一行は、日米下田和親条約を締結するため了仙寺に向かった。その道は今「ペリーロード」と呼ばれている。

 参道から下田公園にかけて約500メートル。平滑川を挟む石畳の小道沿いにガス灯や柳の並木が続き、なまこ壁や伊豆石造りの古民家が立ち並ぶ。江戸時代後期に建てられた民家は居酒屋に、大正時代の建物はギャラリーとして新たな歴史をつないでいる。

 観光ガイド、増田健太朗さんの案内で幕末に思いをはせながら散策した後、ちょっと不思議な体験ができるという、下賀茂熱帯植物園(南伊豆町)へ向かった。赤い実のミラクルフルーツをなめると、酸っぱいものも甘くなるという。実の大きさはコーヒー豆ぐらい。冷凍した実の皮をはがしてなめること約3分。かじったレモンは、あ~ら、不思議。酸っぱくない。生のパイナップルも缶詰のような甘さになる。体験料は320円。

江戸、大正時代の建物が残る「ペリーロード」

江戸、大正時代の建物が残る「ペリーロード」

 海底火山や火山島で形成された伊豆半島には白砂と断崖が続く。断崖にへばりつくように石室(いろう)神社が立つ。歩いて行くには石廊崎港の駐車場から石廊崎灯台を通り過ぎ、さらに石畳を進む。絶壁に沿うように階段を下りると社殿が現れた。海の安全を守る神様。

 さらに手すりにつかまりながら突端まで歩く。太平洋に突き出た岩には縁結びの神様、熊野神社。南伊豆町の秋山智美さん(35)は「前に来たときは風が強くて断念しましたが、念願がかないました」と神妙に手を合わせた。いいご縁がありますように-。

 ▼メモ 伊豆半島の各地へはJR名古屋駅から東海道新幹線で熱海駅下車、車は東名高速道・沼津IC経由が便利。下賀茂熱帯植物園ではミラクルフルーツ、カラーサンドと観葉植物の鉢作り体験もある。「休暇村南伊豆」は夕食に地元食材を豊富に取り入れた40種類の食べ放題プランを用意。1泊2食付き1万1000~1万5100円。早朝には休暇村前の弓ケ浜を散策するノルディックウオークも。静岡県名古屋観光案内所(電)052(262)7471

(中日新聞夕刊 2012年12月20日掲載)

旅コラム
国内
海外