【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】シュルツ博物館ボランティアがスヌーピー解説

【三重】シュルツ博物館ボランティアがスヌーピー解説

ジャンル・エリア : 三重  2008年12月15日

小野寺さん(右)の解説に聴き入る来場者=いずれも鈴鹿市のベルシティで

小野寺さん(右)の解説に聴き入る来場者=いずれも鈴鹿市のベルシティで

 鈴鹿市出身の芸術家大谷芳照(よしてる)さん(50)が墨絵で描いたスヌーピーの作品を集めた「スヌーピーの世界展」(中日新聞社など主催)が開かれている同市庄野羽山のイオンモール鈴鹿「ベルシティ」の会場で13日、作品解説があった。「スヌーピーは世界一有名なビーグル犬」といった解説に来場者が聴き入った。14日もある。

 

 

即売コーナーでスヌーピー作品をあしらったタオルを持つ大谷さん

即売コーナーでスヌーピー作品をあしらったタオルを持つ大谷さん

 解説者は、主婦小野寺美樹さん(49)=埼玉県。スヌーピーが登場する漫画「ピーナッツ」の作者の故チャールズ・M・シュルツ氏(1922-2000年)を記念した米国のシュルツ博物館で、公認ボランティアとして活動している。

 大谷さんがシュルツ氏から「Yoshi(よし)」と呼ばれていたことや、きっかけは「15年前に仕事で知り合ったが、互いにアーティストとして認め合う仲になった」と説明。飼い主の男の子チャーリー・ブラウンを題材に伊勢型紙の技法を取り入れた作品や、ビー玉で組み立てたスヌーピーなど、会場に展示された独創的な作品の数々を解説した。

 “ミニチュア版”の前では、6年前に開館したシュルツ博物館に展示されている高さ約7メートル、幅約5メートルのタイル壁画にも言及した。

 14日も小野寺さんが午前11時、午後2時から「ピーナッツ・ギャング・ツアー」と銘打って解説する。

 22日までの期間中、大谷作品をあしらったTシャツやタオル、図録、ノートなどを即売もしている。

 (酒井直樹)

旅コラム
国内
海外