【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】手作り感あるエコ食器 多治見で中堅・若手作家の作品展

【岐阜】手作り感あるエコ食器 多治見で中堅・若手作家の作品展

ジャンル・エリア : 岐阜  2009年12月16日

PRセンター内に設けられた特設展示=多治見市で

PRセンター内に設けられた特設展示=多治見市で

 多治見市PRセンターは14日から、中堅・若手作家の作品を長期間展示販売する特設コーナーを開設した。作品の売れ行きに応じて展示期間を変える方式で、担当者は「珍しくて、おしゃれな作品をどんどん紹介していきたい」と意気込んでいる。

 
 初回は、エコをテーマにした陶芸作品を展示。市陶磁器意匠研究所や、多治見工業高を卒業した県内の作家たち11人による一品ものを集めた。廃食器を粉砕して陶土に混ぜ込んだ特別な土を使い、作品を制作。ヤシの実のような形をした花器や、砂糖菓子のような質感のポットなど70点が並んでいる。

 また、学校で使われる強化磁器に作家が絵付けをした作品も。強化磁器は主に産業用として用いられるため、陶芸作品にはあまり見られないが、「給食食器を楽しいものにしたい」とPRセンターが作家に依頼した。

 今回のエコ食器企画は、東濃地方の陶磁器業40社でつくる食器再生プロジェクト「グリーンライフ(GL)21」の土を使った。PRセンターは「同じエコ商品でも、この食器は作家の手作り感を楽しめます」と話している。

 (志村彰太)

旅コラム
国内
海外