【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】バナナ400本で甘~いツリー 伊賀の新天地商店街

【三重】バナナ400本で甘~いツリー 伊賀の新天地商店街

ジャンル・エリア : 三重  2009年12月17日

商店街に登場したバナナのクリスマスツリー=伊賀市上野丸之内で

商店街に登場したバナナのクリスマスツリー=伊賀市上野丸之内で

 伊賀市上野丸之内の新天地商店街に、バナナでできたクリスマスツリーがお目見えした。甘い香り放つ珍しいツリーに通りを歩く人たちが足を止めて見入っている。

 
 株式会社「まちづくり伊賀上野」、いが若者サポートステーション、商店街の有志らで企画。竹で高さ3メートルの骨組みを作り、緑色のバナナ約400本をつるした。サンタクロース風の忍者の人形や電球を飾り、25日まで午後5~9時の間点灯する。

 バナナはバショウ科の多年草で和名が「実芭蕉」。松尾芭蕉ゆかりの伊賀はバナナの加工生産が盛んで、房状のバナナは熟成加工を手掛ける「丸タ田中青果加工」(上野東町)から商品にならないものを譲り受けた。

 まちづくり伊賀上野社員の森川幸治さん(27)は「伊賀にちなんだ面白いツリーを作りたかった」。今回つるしたバナナは黄色くはならないが「緑色のバナナが黄色に色づくように商店街が明るくなればうれしい」と願いを込めた。

 (平井良信)

旅コラム
国内
海外