【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】「農村景観日本一」守ろう 恵那・富田地区でかやぶき屋根修復

【岐阜】「農村景観日本一」守ろう 恵那・富田地区でかやぶき屋根修復

ジャンル・エリア : 岐阜  2008年12月17日

傷んだ部分を修復するため始まったかやぶき屋根のふき替え作業=「農村景観日本一」で知られる恵那市岩村町富田で

傷んだ部分を修復するため始まったかやぶき屋根のふき替え作業=「農村景観日本一」で知られる恵那市岩村町富田で

 「農村景観日本一」で知られる恵那市岩村町富田にあるかやぶきの家で、屋根のふき替え作業が始まった。国のモデル事業に採択されたことを機に傷んだ部分を修復し、都市部の人に農業体験などを楽しんでもらう交流拠点施設にする。

 
 富田地区はなだらかな斜面に水田や農家、土蔵などが広がり、1989年に国土問題研究会から「景観日本一」の称号が贈られた。本年度には農林水産省の「農山漁村(ふるさと)地域力発掘支援モデル事業」に採択されている。

 このため地元住民でつくる「農村景観日本一を守る会」(吉村攻平代表)が、地区のほぼ真ん中にあるかやぶきの家の修復を決定。愛知県豊田市のかやぶき職人の指導で、15日から作業を始めた。今回は南側の屋根を修復することにし、16日の作業は6人が参加。長さ約2・5メートルの地元産などのカヤを数十センチに切り、順番に屋根に敷いた。作業は10日間ほど続けられる。

 (保母哲)

旅コラム
国内
海外