【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】旧ヤンキース球場“再現” 松井秀喜ミュージアム

【石川】旧ヤンキース球場“再現” 松井秀喜ミュージアム

ジャンル・エリア : 石川  2009年12月24日

いすの座り心地を確かめるファン。手前のショーケースには来年4月、トロフィーが飾られる予定だ=能美市で

いすの座り心地を確かめるファン。手前のショーケースには来年4月、トロフィーが飾られる予定だ=能美市で

展示 半数入れ替え MVPトロフィー来年4月登場予定

 米大リーグのロサンゼルス・エンゼルスに移籍した松井秀喜選手(35)の故郷・能美市にある「松井秀喜ベースボールミュージアム」が23日から展示品の半数を入れ替え、旧ヤンキースタジアムの雰囲気を再現した新コーナーなど、国内外でも例を見ないミュージアムへと様変わりした。来年4月には、ワールドシリーズMVPのトロフィーも展示される予定だ。

 
 展示されたのは2008年まで使用された同スタジアムで、松井選手が使ったロッカーやいす、高さ2.75メートルの外野フェンスのラバーなど。ロッカーにはユニホームなどが掛けられ臨場感を演出したほか、来館者も実際に観客席に腰掛け記念写真も楽しめる。

 ファンも待ちわびるMVPのトロフィーは、松井選手の「結婚してから初めてもらった大きな賞のトロフィーを少しの間でも部屋に飾りたい」との意向で展示先送り。到着を待つ展示ケースには、松井選手から父へ、ファンに込めたメッセージが記されている。

 ワールドシリーズの活躍を振り返る日米の新聞や、記念Tシャツ、ペナントなどを集めたコーナーもある。

 ヤンキースでつかんだ展示品の数々に、父親の昌雄さん(67)は「ヤンキースは秀喜にとってメジャーリーガーとしての原点。一番の思い出」と感慨深げ。「幼いころに描いた夢の象徴がMVP」とも語った。  (田嶋豊)

旅コラム
国内
海外