【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】食卓に海の縁起物を 金沢港「大歳の市」始まる

【石川】食卓に海の縁起物を 金沢港「大歳の市」始まる

ジャンル・エリア : 石川  2009年12月29日

カニなど新鮮な魚介類を求める買い物客=金沢市無量寺町で

カニなど新鮮な魚介類を求める買い物客=金沢市無量寺町で

 日本海の味覚が並ぶ金沢市無量寺町の「金沢港いきいき魚市」で28日、恒例の「大歳(おおとし)の市」が始まった。寒ブリや甘エビ、ズワイガニなどがそろい、威勢のいい掛け声と、迎春準備を急ぐ買い物客らの熱気であふれた。

 
 発泡スチロールの箱に1万円分の鮮魚を詰めた金沢市の会社員広池龍平さん(21)は「帰省のお土産。何より喜んでもらえる」とにっこり。小松市の主婦枝中幸子さん(70)は「孫たちが帰ってくるので、ごちそうしてやります。カニが人気」と待ち遠しそう。

 県漁協によると、寒波の影響で出漁できない日が続き、入荷量はいまひとつだが、鮮魚店主らは「一年のご愛顧に応える締め市。鮮度はお墨付き、精いっぱい勉強させてもらいます」と声を張り上げていた。

 営業時間は午前9時~午後4時で、31日まで。大みそかは売り切れ次第、閉店する。初市は来年1月7日。 (鷹島荘一郎)

旅コラム
国内
海外