【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】常滑駅に「合格祈願招き猫」登場

【愛知】常滑駅に「合格祈願招き猫」登場

ジャンル・エリア : 愛知  2013年01月07日

「合格祈願招き猫」を作った松下さん(左)らの前で、肉球の「触り初め」をする沢田さん=常滑市鯉江本町の名鉄常滑駅で

「合格祈願招き猫」を作った松下さん(左)らの前で、肉球の「触り初め」をする沢田さん=常滑市鯉江本町の名鉄常滑駅で

 常滑市鯉江本町の名鉄常滑駅に6日、常滑焼の「合格祈願招き猫」がお目見えし、除幕式と受験生が願いを込める「触り初め」で設置を祝った。

 
 市観光協会と名鉄が昨年の受験シーズンに、常滑の「滑」を天地逆にして「常に滑らない」と読ませ、受験必勝の地としてPRする企画を開始。今年はシンボルとなる招き猫を駅に設けた。

 市内で「狛犬(こまいぬ)工房」を開く陶磁器彫刻(陶彫)のベテラン松下昌司さん(80)が、2カ月ほどかけ、合格を喜ぶ学生服姿の猫の焼き物を完成させた。前脚の裏の肉球はザラザラとした素焼きで仕上げ、触れば「滑らない」との縁起を担いだ。

 式では、受験生を代表し、常滑市古場町の千種高3年沢田理乃さん(18)が肉球に触れて合格を祈願。荒田泉駅長は、名鉄が販売する「サクラサクきっぷ」と記念のキーホルダーを手渡して激励した。

 「表情が難しかったが、ずっとかわいがってもらえれば何より」と松下さん。設置は3月末まで。駅前の市観光プラザでは、受験お守りの「常に滑らないカード」を無料で配布している。(問)市観光協会=電0569(34)8888

 (福本雅則)

旅コラム
国内
海外