【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】蛇に見えるかな? 白山の昆虫館 ガなど標本展示

【石川】蛇に見えるかな? 白山の昆虫館 ガなど標本展示

ジャンル・エリア : 石川  2013年01月07日

羽先に蛇頭模様があるヨナグニサン(手前)などを観察する子どもたち=白山市八幡町で

羽先に蛇頭模様があるヨナグニサン(手前)などを観察する子どもたち=白山市八幡町で

 へび年にちなんだチョウやガの標本約20点を集めた展示会が白山市八幡町の県ふれあい昆虫館で開かれている。2月11日まで(火曜日定休)。

 
 世界のガの中で最も大きな羽を持つヨナグニサンは、台湾では蛇頭蛾(じゃとうが)と呼ばれ、くねった羽先に蛇の頭に似た模様を見ることができる。

 白山麓にも生息するジャノメチョウは、茶色の羽のふちの近くに蛇の目玉のような柄が並んでいる。

 技師の福富宏和さん(32)は「天敵の鳥から身を守るため、鳥が恐れる蛇を模している」と解説する。問い合わせは=電076(272)3417=へ。(谷知佳)

旅コラム
国内
海外