【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】湖岸のコハクチョウ激減 草津「愛する会」調査

【滋賀】湖岸のコハクチョウ激減 草津「愛する会」調査

ジャンル・エリア : 近畿  2013年01月16日

湖岸で羽を休めるコハクチョウ=草津市で(2011年12月13日撮影)

湖岸で羽を休めるコハクチョウ=草津市で(2011年12月13日撮影)

 越冬のために草津市志那町の琵琶湖岸に飛来するコハクチョウの数が今季、激減していることが、地元の環境ボランティア「草津湖岸コハクチョウを愛する会」の調べで分かった。15日までの累計が7羽、個体数は2羽にとどまっている。19、20日には市内で、全国の愛好家でつくる「日本白鳥の会」の全国大会がある。愛する会の関係者は「大会の年に少ないのはショックだが、全国の人に現実を見てもらう機会にしたい」と話している。

 
 愛する会によると、市内に飛来するのは毎年11月下旬~2月末だが、今季初めて確認されたのは昨年12月30日。くちばしの形や顔などで個体を識別している。2001年の観測以来、ピークは05~06年シーズンで、延べ約5400羽。1日に最大140羽を見られたという。

 しかし08年度から始まった県によるヨシの造成工事期間が、飛来時期と重なったことや、琵琶湖の水位を高く管理したため湖底の水草にくちばしが届かなくなったことなどを原因に減少。11~12年シーズンは延べ236羽で、今季はさらに下回りそう。

 愛する会の事務局長吉岡美佐子さん(65)は「コハクチョウが今後戻ってくるか心配」と話し、大会でも、コハクチョウの減少について全国の愛好家仲間と情報交換する考えだ。

 県内で日本白鳥の会の全国大会が開かれるのは11年ぶり。19日には、草津アミカホールで、ハクチョウの生態や飛来状況などをテーマに国内外の11事例の報告がある。20日午前8時10分からは現地研修会として草津水鳥観察所(志那町)で観察会があり、午前9時からは水生植物公園みずの森で、愛する会による写真展「冬の使者」(2月3日まで)を見学する。

 20日の現地研修会と写真展見学は一般参加が可能。問い合わせは、吉岡さん=電090(5663)8086=へ。(倉形友理)

旅コラム
国内
海外