【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】茶、能 藩主の愛蔵品 県立美術館で展示 香炉、装束 華やか

【石川】茶、能 藩主の愛蔵品 県立美術館で展示 香炉、装束 華やか

ジャンル・エリア : 石川  2013年01月17日

加賀藩主前田家に伝来する能装束などが展示されている会場=県立美術館で

加賀藩主前田家に伝来する能装束などが展示されている会場=県立美術館で

 加賀藩主前田家に伝わる能装束や茶道具を紹介する「雅(みやび)の造形-茶道と能楽-」展が金沢市出羽町の県立美術館で開かれている。2月11日まで。

 
 第3代藩主前田利常、5代藩主綱紀らが収集したオランダ製の水指や香炉、「翁」の能面など計54点を展示。華やかな装飾が施された名品がそろい、加賀文化の一端を味わえる。

 重要文化財の「色絵梅花(ばいか)図平水指(ひらみずさし)」は、赤や金の梅の花がついた老樹が大きく描かれ、気品が漂う。

 能楽で女役が着ていたという小袖「桃色地山道文摺箔(すりはく)」は、ピンクの生地に金箔(きんぱく)を載せて波のような模様をあしらった豪華な仕上がりになっている。

 会期中無休。午前9時半~午後6時。入館料は1般350円、大学生280円、高校生以下無料。 (兼村優希)

旅コラム
国内
海外